NW-E005(2)

info/review/audio - 2006.06/12

前回に続いて二回目。
何やら好評のようでほとんどの店で売り切れ状態だとか。
まあ、この完成度の高さを考えると当然のことではある。

デザイン。
最初の流出(?)画像を見た時には
あまりのショボさにがっかりした。
絶対に買うことはないと思っていた。
しかし実物は全然違う、非常にいい。
とにかく何よりも質感が違う。
文字が浮いたように出てくる有機ELや、
ちょっとしたアニメーションが手触りの良さを演出してくれる。

優れたデザインだ、とまでは言わない。
むしろこれは存在感のないデザイン。
実用品としてのみに意識を高められた機能美。
ただのフラッシュメモリーにしか見えないし
百円ライターと揶揄されるのも頷ける。
だが、それがいい。
この実用的に気取らないフォルム。
その上で鏡面仕上げの良好な質感がさり気無く嬉しい。

ボタン配置もまた絶妙。
人差し指と親指でつまむように持てば、
人差し指で←→ボタン、親指で再生ボタン(決定)
指を完全に固定して操作できる。
当たり前?
そう、当たり前。
しかし一部の馬鹿(強調して言いたい、馬鹿であると)は
←→ボタンが逆側、つまり親指側の側面に付いてればイイ
とか頭の悪いことをほざいたりする。
曰く、親指だけで操作できるからイイ、だとさ。
あはははは、お前の指は何本あるんだよ?
まるでマカーみたいなことを仰いますね?
中指も使えないワンボタンマウスラヴァーみたいな?
それで、親指だけで操作するために親指を何度も移動させる?
ああ、ああ、そんな手間さえ見えないアナタは、
指一本で使えるからイイー、とかワンボタンラブライク!

Comment----------

SeaWeeze : (06/12 19:37)
キャップ部分に心霊写真のように顔が(笑)
あまり私の顔に見えないなあ、やっぱり心霊写真ということで。
[ このエントリへはコメント出来ません ]
TrackBack URL

SONY - NW-E005

info/review/audio - 2006.06/10


SONY - NW-E005/B

本日が発売日のNW-E005の2Gを購入。
フライングで昨日手に入ったので、
昨日今日とずっと触っていたのだけれど、凄く良いよ。
超軽量25gに加えてUSB直挿しという簡易さ。
しかもバッテリーは余裕の28時間。
非の打ちどころがない、フラッシュメモリプレイヤーの理想形。

カラー液晶だのといった、音楽再生に全く関係ない機能をつけて
再生可能時間は短いままといった何処かのプレイヤーと大違い。
SONYのメモリプレイヤーは異常に再生時間が長い。
他社が10-20時間程度しか再生できないのに、
NW-A60*シリーズは驚異の50時間再生を達成している。
これは、SONY独自技術であるバーチャルモバイルエンジン(VME)の効果。
SONYはMZ-RH1で好評の高音質HDデジタルアンプといい、
良い技術を持っているんだね。
良いものは良い、素直に凄いものは凄い。

今回のNW-E00*シリーズでは、小型軽量化のために
バッテリー容量を削っているので28時間再生となった。
しかし、それでも一二分に他社を圧倒している。
iPod Shuffle,Nanoは12,14時間しか持たないというのに。
そして、容量を削った分だけ、非常に軽くなった。
NW-A60*シリーズ、iPod nanoが50gなので、重さは半分。
実際に手に持ってみれば、その軽さがよくわかる。

iPod shuffleは22g、そして直挿し可能と、
このNW-E00*シリーズと正面から競合するが……
操作ディスプレイが無いという時点で敵ではない。
NW-E00*のディスプレイは良くできている。
たったの一行とはいえ、あるだけで全然違う。
十分に操作可能だし、操作体系も悪くない。
慣れれば片手ブラインド操作でも十分いける。

そしてやはり直挿しはイイ。
フラッシュメモリ代わりになるのが素敵。
メモリプレイヤーを持ち歩いて
フラッシュメモリも持ち歩いて
何ていうお馬鹿生活よさようなら!
更には何よりも良いのは、充電が楽。
28時間も出先でPCに触れないような生活ってないよねえ?
家でわざわざ充電しなくても、出先でサクッと挿して充電すればいいのさあ。
3分で3時間、1時間で28時間というスピード充電は、
電池切れの不安や手間から解放してくれる。

ハードウェアは最高。
懸念材料となるのはソフトウェア。
AシリーズでのCONNECT PLAYERは最悪だった。
しかしSonicStageとの融合を果たし、多少はマシになった。
iTunes並み、とまでは言わないけれど、悪くない。
で、iTunesもSonicStageも使いたくない人はどうするか?
私のようにEACでリッピングしてfoobar2000で聴くような人間は?
韓国系MP3プレイヤーはエクスプローラーからドラッグ&ドロップで最高。
SONYは、さすがにそこまでは無理。
ただ、シンプルな転送専用ソフトはこっそり用意してあったりする。
それがMP3 File Manager
特に告知されてるわけでもないので知らない人も多いようだけれど……
これは、イイものだ。
と、言いたかったが、現時点では転送は可能なものの再生は不可。
むー、何とかならないのかなあ、困った困った。

とはいえ、これ、現時点では最高でしょう。
どうしても4Gが欲しいのならiPod nano
そうでない人は全員NW-E00*シリーズでいいね。

//

私は20GのHDDタイプからの完全移行。
20Gじゃあ足りなかったんだねえ、容量が。
で、結局選んで削らなきゃあならないんなら、
最初から選んで最近買ったCDとずっと聴いてたいCDだけを
一二分に収納できる容量があればいいや、という結論になった。
それが、2G。
その上で圧倒的なハードウェアの完成度を誇るプレイヤーの登場。
思わず即予約。
さようなら、iAudio M3。
いいプレイヤーだったんだけどね。
この25gのプレイヤーに触れていると、HDDタイプは重すぎる。
ケーブルもかさむし、時代はメモリ型なのね、完全に。

Comment----------

SeaWeeze : (10/01 10:13)
Comment Test

TrackBack----------

ils geometration/NW-E005(2) : (10/01 10:12)
前回に続いて二回目。何やら好評のようでほとんどの店で売り切れ状態だとか。まあ、この完成度の高さを考えると当然のことではある。
[ このエントリへはコメント出来ません ]
TrackBack URL

電源強化週間

info/review/audio - 2006.02/17


調子に乗って音響/映像機器全部にAETのHIN AC/SP RevBを使おうと画策。
完成品じゃなくて自作。
それにしてもこのケーブルは作業が非常にやり難い。
太いので、接点が増え音質劣化の懸念があるがスリーブを噛ます。
使うスリーブは胡散臭いけれど、ここまでやって、
ホームセンター辺りで売ってる数十円の端子を使うのもアレなので、
クライオオーディオテクノロジーのものを用意した。
コネクタ側もオールAETで統一。
ちなみにコンセント類はPS Audioで統一してあったりする。
壁コンのPower Portからクリーン電源PD3.5を通して出力。
で、今回、コンセントベースCB-1も購入。
以前から壁の軟さが気になっていたので、面倒ついでに設置。
効果は、どうだろう、結構微妙なとこだね、あはは。
ただ、見た目がとっても素敵になった、コンセントのくせに!
そして普段はサブウーファーの後ろなので全く見えない。
――そんなこっそり格好良いアルミニュウムなコンセント写真

合計5本分作れるんだけど、まだ3本しか作れてない。
すんごく作業が面倒で1本作るのに1時間ぐらいかかるんですけど。
ケーブルの切断に普通のハサミじゃあ到底太刀打ちできないのが辛い。

後はスピーカーケーブルを変えて終了かしらん。
変える必要性はあまり無いけれど、今使ってるBedrockは見た目が嫌(笑)
イチオー、SUPRA SWORDが最有力候補。
理論的に“クル”ケーブルじゃないと使いたくない。

こういうことを書くのがAudio Visionなのでしょーか。
違うねえ。
ゲサイト的Audio Visionを継続して作るのは不可能。
ぶっちゃけ、これがお薦め、こう設置する、以上終了。
と、ページ一つで終わってしまう。
しかも、別にそこらのガイドブック読めば済むだけの話であったり。

誰も期待していないデスクトップシアター話はケーブル作り終えたら書こう。
でもね、前のアドレスでのTextの5.1ch入門は何だかんだでアクセスあったり。

Comment----------

SeaWeeze : (02/22 18:27)
こっそりSUPRA SWORD買っちゃった。
凝ったケーブル構造によってインダクタンスをゼロにした一品。
こういう技術的なアプローチはとても好ましい。
純銀を使ったから素晴らしいです、値段も凄まじいです、
みたいな方法論のケーブルにはちっとも惹かれない。
しかし見ためは、イマイチだった(笑)
Nordostにしておけばよかったかな?
http://www.nordost.com/Cables/speaker-flatline-red-dawn.htm
いやいや、出音はかなり満足できているから必要ない!
[ このエントリへはコメント出来ません ]
TrackBack URL