eM ストーリーについて

info/game/em - 2006.02/16

ベイグラントストーリーは面白いよ?
戦闘100%と言えるほどに戦闘だらけなのに退屈しない。
エンチャントもあるしね!(eMとは勿論全然関係ない)

//

eMはテンポが良いらしい。
雑魚戦がオートで終わるからテンポが良い
ボスが弱くてツマヅクこともないからテンポが良い
謎解きはなくオツカイ作業だけで終わるからテンポが良い
あっそ。
だからさ、もはやゲームである必要性が何処にもない。
ビジュアルノベルでいいぢゃん、ギャルゲーでいいぢゃん。
この酷いストーリーはそれに最適。

ストーリーは人それぞれ感じ方が違うでしょ!
とか力説する人がたまに居るけれど、
そういう逃げ方は好ましくないなあ。
大体、それ言うと映画批判や小説批判も成り立たなくなるし
そもそもゲームシステム批判だって人それぞれ感じ方が違う、
と言えるわけで、ストーリーだけ不可侵領域にするのはどうも、ね。

バックグラウンドの不明瞭さが一番厳しい。
これを少しも掲示しないせいで、
親友を救う、以外の筋が見えてこない。
話がブレなくて良いという向きも多少あるが、
こんな筋、面白くも何ともないし実際寒い。
だからeMの面白さというのはキャラクター造形のみに絞られる。
キャラクターの表層を浮かぶ台詞だけがストーリーの味わい。
キャラ萌え~、しか受け取れ無い。
だ、か、ら、ギャルゲー臭い。
このギャルゲー臭さを好ましく思えるか否かが
eMのストーリー評価の分かれ目で(ストーリーじゃないけどさ!)
人それぞれ、という奴であって、あー、臭い臭い、であって……。

当然私は嫌い。
ついでながら主人公がモテモテなのもギャルゲーっぽくて素敵。

さて、バックグラウンドの不明瞭さについて。
ゴーレムウォーや右腕を全く語っていないということ。
古き良きRPGみたいに、プレイヤーの想像に任せるからイイ
と言う人がいるのだけれど、それは違う。
例に出される古き良きRPGは、きちんと臭わす言葉を至る所に用意してある。
部品を示すことでプレイヤーの想像力を自然に喚起させるから良いわけで、
eMのように何にもないところから想像させる、というのは、
ただ単に背景を用意してない手抜き不良品シナリオというだけ。
納期に追われて入れられなかっただろう雰囲気はある。
でもねえ、ロンチだからしょうがないとか、知るかヴォケ。

サブシナリオ(ライガとオウカなど)もチープで楽しい楽しい。
そして終幕、謎の男の正体を知った時の主人公の反応には、
FF8で登場人物全員が過去知り合い同士だったが全員記憶喪失で忘れてた!
ぐらいの寒気がした。
ご都合主義とかを超越した酷さがヤヴァい。
ここでクラッと来て脳みそフェードアウト、お疲れ様。
まあ、FF8よりはマシじゃあないの?
どっちもどっちだけどね。
さすがFF8コピーだっけあってシナリオのコピーも忠実。

あ、でも小粒にいい話だよ、適当にまとまってて(付け足し臭く言う)
無理して大作っぽく風呂敷広げなかったところは良いんじゃあないかな。
うん、つーかeMは全然大作じゃあないからね。
理由として
プレイ時間(25時間)
都市の数(4つ、世界の極一部?)
ダンジョンの数(各都市に一つか二つ)
小作は小作らしく無理しないのが一番。
eMのダメなところは、微妙に背伸びしてるところかしらん。
その微妙な背伸びを削り取れば、スカスカなシナリオしか残らな……。
つまり結局全部ダメ。

ところで最も腑に落ちないのは、このゲームってアナタ達が散々嫌う、
見てるだけの、キャラ萌えだけの、あざといシナリオの、
アナタのイメージするPS2のゲームに(特定タイトルという意味ではない)
そっくりなのだけど、その辺どーなのよ?
やっぱり別にXboxで出ればそんなのどーでもよく絶賛しちゃうの?
私としてはそういう心根って毎度ながらどーかと思うよ、ほんと。
それとも、いつものように一部の人と言うのかしらん。

Comment----------

Nameless : (02/17 06:38)
何所FF8なんだ。
BFM : (02/17 09:42)
あのぅ、ちょっといいですか?自分は以前から御伽やらの攻略でお世話になってる者です。
ムラクモや御伽が面白かったから、360買ったらeM買おうとか思ってたんですが。『フロムのXbox作品は面白い』というイメージなんですけど、面
白くないんですか?いや、SeaWeezeさん(でいいんでしょうか?)的には。
まぁ、文面見る限り面白くなかったっぽいんですが。

しかし、eMって大作って謳ってたんですか。それはフロムらしくないというか(失礼)
でもまぁ、超大作RPGなんてのは、薄っぺらい事が多いと思います。広げた風呂敷、中は空。ほにゃららファンタジーなんかは、近年特にそういう傾向かと。7関連のゲームが特に。(まぁ昔のはやってないからよく解りませんが)
しかしストーリーが無いのなら、eMの評価はどこで高いんでしょうかね。買うべきか否か迷います(苦笑
(まぁ自分はストーリーは別に求めてませんが)
SeaWeeze : (02/17 21:37)
最初に発表された時からFF8だなー、と思ってました。
映像の“ぽさ”とか学園モノなところとか。
売り上げ的にも、ドラクエじゃない王道RPGといったら
FF8が指されていーんじゃないでしょーか。
実際のところ、表面上はそんなに似てやしませんけどね。

フロムのXbox作品は面白いです。
現在のところフロムのXbox360作品は面白くないです。

うーん、eMが大作を謳ってたかどうかは忘れました(?)
ただ、ロンチなのに大作RPG!
みたいなノリで煽ってたところはあったと思います。
実際、そういった感じで受け取っている人が多かった、と思う。
で、ストーリーを求めないのなら、eMは避けた方が無難です。
eMが評価されている主な所は、ライガ萌え(サブキャラクター・男)
とかキャラクター/ストーリー部分なので。
戦闘部分はかなりお粗末です。
オートでお手軽でイイ、という人もいますけどね(笑)
ついでにXbox Liveによるネット対戦はオマケのオマケ(オマケに人もいない)
BFM : (02/18 00:34)
FF8はシリーズ中で一番好きですよ。皆が好きでないものが好きです(ぇ)。それ以前にあのシリーズがきr(ry

う~ん、正直言うとストーリーを求めてる訳じゃないんですよね。自分はお話が気になるなら、本やら映画やら、ゲームでならノベルもの買えばいいと思ってるんで。
個人的な定義では、『RPG=役割を演じる事=世界に入る事』だと思ってるんで。キャラもストーリーも、システムでさえもその為の道具だと思ってます。
でもまぁ、キャラが好きならなんとかなりそうですね。自分は友情モノとか大好きですけど・・・主人公モテるんですか・・・ギャルゲー風味(謎)ですか?

でも、戦闘システムが悪いのは正直勿体ないですね。マス目戦闘(ですよね?)のRPGでは、最近ではWA4が非常に面白かったんですけどね。ここら辺はフロムのRPGですか・・・(悲

あ、そういえばメタルウルフカオスは持ってないんですが、アレも面白いんでしょうか?破壊の美学がメインテーマっぽいんですが。アメリカ版御伽?
って、すいません。質問ばっかになっちゃいましたね(汗)。
SeaWeeze : (02/18 02:46)
私はFF8でRPGやめました。
FFシリーズだったら普通に5が好き。
うん、普通に。
私は普通です(ぉ

昨今のRPGは語りすぎでロールプレイよりも
第三者視点でお話の鑑賞、って感じですよね。
むしろ無個性主人公への没入という点では
ギャルゲーが一番ロールプレイしてますよね(謎)
というわけでeMはギャルゲー風味です。
でも主人公はあまり埋もれていないので
第三者視点でのお話の鑑賞的なギャルゲーです。
友情モノが好きならイケルと思いますよ。
かなりコテコテに、そこら中で、
登場人物全てが友情と愛情を胸に飛び回ります。
主に男は友情を、女は(主人公への)愛情を。
モテモテです、出てくる女は全員即座に主人公に惚れます(笑)

戦闘システムは、悪くはないんですけどねえ。
もう少し練りこんでくれれば面白くなると思うし、
面白くなりそう、という予感までは感じさせてくれます。
でも、決して面白くなりません。
つーわけで、まあ、やっぱし、ダメですね、戦闘。

メタルウルフカオスは「アメリカ版御伽?」
というクエスチョンマーク付きで正しいかと思われます。
武器が銃器なので直接的な手応えが薄く、
壊せるオブジェクトが少ないので破壊の美学は全然ありません。
自分の動きが鈍重なので動かすことの爽快感もなく
敵の動きも合わせて鈍重なので展開がやたらとスローモー。
ただ、これもeMと同じく、キャラクターが人気を博しています。
主人公とライバルキャラの言動がぶっ壊れていて、
しかも演出が絶妙なのでそこだけは楽しめるかも。
ただ、私がアクションゲームに求めるのは
ゲームとしての面白さ>ストーリーの面白さ
なので、ゲームとしてイマイチなメタルウルフカオスは
あんまし好きじゃあありません。
BFM : (02/18 14:56)
Q:RPGの面白い所はどこですか?
A:ストーリーとシステムと(ry

実際最近やったRPGの良かった所はストーリーのみだった気が。・・・最近やってないや(ぉ
でもここ一年で最も感動したストーリーはアクションゲームのモノだったりします(笑)。勿論ゲームとして面白かったですよ。ストーリーはオマケ程度ですし。

結論、eMはとりあえず買ってみます。友情モノに期待して。本体買うの3月頃ですけど。国立受験残ってますし(死)。
男女の関係は個人的には、ほにゃららクエストぐらいでいいと思うんですよね。結局どうなったかは自分で決める、みたいな。
戦闘に関してはレベル上げはしないでよさそう・・・というかしない方が楽しめそうですね(笑)。
30レベル代でクリア目指せば緊張感ありそうですね。

メタルウルフカオスはイマイチですか。キャラって大統領でしたよね。ぶっ壊れた大統領・・・ある意味ブッシュとシュワちゃん足して2で割ったような?
中古で探して買います(笑)。

話は全く変わりますが、360のボンバーマンがステキです。8頭身て(笑)。
SeaWeeze : (02/19 21:10)
今回はRPGは、戦闘システムとストーリーのみに分解して考えました。
というか、本来は戦闘システムだけで終わらせようと思ったんですが、
やっぱしRPGの本分の一つはストーリーにもあるわけだし、
このストーリーが良いとかグチャグチャ言ってる人たちに
とりあえず蹴りを一撃かましたかったので、この記事を書きました。

個人個人でお話に対する面白さのツボは違うんだから!
と言われるとそれで終わってしまうので、
多くの人(特にXboxユーザーが)嫌うであろうギャルゲーと
共通点をクドクドと結びつけてセットで書き連ねることで、
ある程度、嫌悪感を持って貰えたんじゃないかなあ(意味不明)
ようするに嫌らしい意図が込められまくりな文章なわけです(笑)
私がボロクソに言うほどにストーリーの悪さを感じることはないかと思われます。
でも、それほど面白い内容だとは思わないんだけどねえ、世間の賞賛っぷりは依然謎。

レベルはダンジョンを宝探し探索とかしないで、
ひたすらゴール地点に一直線で進んでも楽勝だったので、
低レベルで抑えたいのならば、雑魚戦は積極的に逃げるコマンドを使うしかない。
あー、あと、このゲーム、戦闘中にかけれるステータス補助魔法が強いので
ステータス25%上昇魔法とかダメージ25%軽減魔法とかを使わなければ、
そこそこ何とかなるかもしれません。
それでも雑魚戦のオートは変わんないんだけど。
あ、違った、雑魚戦は「オート」じゃなくて「エスケープ」が基本でした。

大統領は、まあ、素敵キャラです。
ボンバーマンはPCでベータテストやってたボンバーマンオンラインを
かなりやり込んだので実はこっそり期待してたりするんですよ!
多分、買わないと思うけど。
BFM : (02/19 22:10)
な、なんだかとんでもない長さになってしまいました、コメント欄(汗
読みにくい文章でスイマセン。

難しい所でしょうね、RPG。大分ボーダーレスなジャンルになってきてますし。
しかし、面白さのツボは違う・・・というのはストーリーというよりもゲーム全体に言えますからね。正論であり、反則的な言い訳でもあり(笑)。
『やらなきゃ損だ』『万人にオススメ』みたいなのは反感を覚えます。賞賛するならば、その言葉に責任を持って欲しいです。特に今はネットの影響力が大きいですからね。って、あんまり関係ないし、大分偏見ですね(汗

世間で賞賛されるタイプには2種類あると思います。『大衆が認知、評価するもの』『少数のみ理解、評価するもの』の二つ。eMは前者なんでしょうね、大衆に認知されてる訳じゃないですけど(笑)。ほにゃららファンタジーとかもこっちかと。
ちなみに自分の考えでは、ムラクモ、O・TO・GI等は後者だと思います。あ、ムラクモはちょっと違うかもしれませんが。
知られざる傑作(・・・というのは大袈裟かもしれませんが)と呼ばれるタイプの後者が、『面白いもの』なんじゃないかと思います。これもまぁ、偏見かもですけど。

雑魚戦闘はエスケープが基本ですか(笑)。
補助魔法に関しては使わないっぽいです。RPGでは少なくとも余程のピンチになるまでは、武器は初期装備でスキルやらも使わない派なんで。
戦闘はアクションの方が良さそうだったんですけどね。いや、それも結構危険かもしれませんが(笑)。

ボンバーマンはどこぞのサイトで3000円くらいで発売とか書いてあった気がしますが、むしろその程度のデキかと思うと買えません。
いいデキでも買わないかもしれませんが(笑)。
SeaWeeze : (02/20 23:28)
コメント欄が長いのは、むしろ大歓迎なので大丈夫です。

eMを褒める人の言葉を読んでも、
一体、何処を褒めているのか分からない。
唯一分かるのはキャラクターの造形を褒めていることぐらいで
その他の部分へのマトモに形を成した褒め言葉は見たことがない。
つまりは、キャラクター造形ぐらいしか、マトモに褒めることは出来ない
というふうにも読み取れるわけであるけれど……。
単純な賞賛は幾ら数が集まってもノイズとして処理されるので無意味。

ムラクモの評価は、まあ、難しい(笑)
楽しむために鍛錬を要するところが素敵。
eMもまた楽しむために制限を必要とする?
しかし似ても似つかないのは
スタート地点がかけ離れているから……。

ボンバーマンはXboxLive Arcadeによるネット配信で
1000円ぐらいなら間違いなく買いますけどね。
というか、その方がよほど利益が出る気がする。
ディスク入れ替えないで起動出来るのって本当に楽。
だから、ボンバーマン程度のソフトは、
ちょっとした息抜きにHDD起動、ぐらいが丁度いい。
わざわざディスク入れ替えてまでやりたい、とは思わない。

双六(エブリパ)や麻雀も同じことで、ね。
BFM : (02/21 20:31)
コメント長くて大丈夫ですか、安心です(笑)。

eMですが、ちょこっとレビューサイトで評価見てきました。何故かしら悪い点の方が細かく指摘されてますね。でも好評価(笑)。
Xboxで出るRPGってだけで評価されてる気がしますね。それをプラス点で挙げてる人も居ますし。
だから多分、eMは普通のRPGなんでしょう。全ての不要な条件(『ロンチ同然』『フロム』『次世代機初』)を取り払えば、きっと。(まだやってないので強くは言えませんが)

ムラクモは、正直一度諦めかけましたよ。あれは本当に能動的に楽しもうとしなければ駄目ですね。一線越えると何か悟れますが(笑)。
多分、あれのおかげで自分は大体のゲームを楽しめると思います。ゲームにおける攻めの姿勢を学びました。

でもク○ゲーはク○ゲーですが。PS2ではそれを学びました(ぇ

同意です>ディスク入れ替えないで起動出来るのって本当に楽。
ボンバーマンに限らず、軽い対戦ゲームは本体にセーブ出来ていいと思います。据え置きは携帯ゲームじゃないんですから、起動し直すのは本当に面倒です。
でも『RPGでDISC1枚→ロード時間が増える』のも勘弁して欲しいです(苦笑
SeaWeeze : (02/22 08:54)
調子に乗ってレビュー書いちゃいました。
調子に乗りすぎました。
それにしてもみんな点数高すぎだよ!
オリジナリティに4以上をつけるのも何故?
ていうか、全体的にコメント内容と点数が違いすぎ。
私ぁ点数に忠実にコメント入れた結果、やりすぎた。

まー、フツーのゲームです。
フツーのゲームとは、つまりイマイチのゲームです。
うーん、特にXboxを買うようなユーザーって
ある程度、舌が肥えた、普通の(PS2の、と置き換えてもいい)
ゲームに満足できないようなユーザー層じゃなかったのかなあ?
そういう人がフツーのゲームをやってフツーなりに
大喜びして特上の点数を与えるって意味不明だなあ。
舌の肥えた人間がフツーのものを与えられたら
ゴミ、クズ、カス、食えたモンじゃない
と言ってちゃぶ台返しをされて然りである。

いや、フツーだと思ってるのは私だけで
みんなは特上だと思っているのだろうけど。
うん。
舌馬鹿はどっちだ?
なんて、世界との絶対評価で決める必要もないね。
キャラクターはそれなりに濃いんですけど、
ギャルゲの狙いっぷりには敵わないので中途半端。

能動的に楽しむ価値があるだけの素質を持つものと
そうでないものとがある、ってことですね。
何でも能動的に楽しもうとすれば楽しめる
ってわけじゃあないのが厳しいところ。
ムラクモは実に素晴らしい素質の持ち主でした。

久しぶりにmk2に投稿したムラクモレビューを見てみたら
http://www.gamers-review.net/xboxmk2/review/act/murakumo.html
文章の流れが一貫してないので読み難い。
ポエティックな表現が多くてよくわからない。
接続句が抜け気味なので文章が飛び気味なのも酷い。
2年前か、若い、というか青い(笑)

私は現在PGR3とPD0を平行してやっているのだけれど、
ディスク入れ替えが面倒くさくてどうしても一方に偏りがち。
別に1分もかからないわけで大した手間じゃあないはずでも、
やっぱし大した手間なんだよねえ、これが。
ボンバーマンは100%インストール可能なら買いましょう。
パッケージ販売される時点で100%不可能だけど。
BFM : (02/23 01:15)
ちなみに自分がよく見るレビューサイトもそこです(笑)。人が多く集まると中々面白い意見も多いですからね。
とくにやり過ぎに感じませんでした。自分もいくつかレビュー参考で買ったものがありますが、ああいう酷評もないと逆に怖くて手が出ません(笑)。ゲームも一長一短ですからね。

普通なゲームに厳しい・・・確かにXboxユーザーはそんなイメージです。
しかし今回に限っては甘めですよね、確かに。XboxではRPGが少ないから慣れてないとか(違)。RPGに関してはPS2mk2の方がマシな意見も多いと思います。

う~ん、やっぱり補正かかってる気がしてしょうがないです。ちょっと妄信的な気が。
PS2mk2なんかでは、平均80点のRPGなんて無いに等しいのに。XboxのRPGはそんなに偉いんですかね。次世代機だから?あと1、2年経ってからレビューしたら適正値になりそうです。

余談ですが、一番面白かったのはスーパーマリオRPGな気がします(笑)。

素質がないのが所謂ク○ゲーなのかと。『それでもいい』という人が居るから凄いです。いや、楽しめない自分が悪いのかもしれませんが。
ちなみにファンですら認める地雷メーカーのゲームは、8割が地雷だそうです。一度踏んだ事がありますが、ちょっとアレは無理でした(苦笑)。
え~となんて言ったか、あのメーカーのファンは魔界属性とかなんとか。うろ覚えですけど。

ムラクモのレビュー。以前読ませて頂きました。
文才の無い自分には普通に的確だと思うんですが(苦笑)。やっぱりレビュアーには伝える技能が必要なんでしょうね。

最近ではゲームが出来ないくせによく中古で買ってきてます。自分の事とはいえ、相変わらず怖いものみたさというか、掘り出し物大好きというか(苦笑)。おかげで積みまくってますので、ディスク入替は本当に厄介な問題です(自業自得)。
個人的にはボンバーマンのみならず、レミングスあたりも本体にいれられると嬉しいです(笑)。
SeaWeeze : (02/24 20:37)
普通なゲームに厳しい、のではなくて、
PS2のゲームに厳しい、が正しそう。
悲しいけれどそれが現実なのね。
Xboxmk2はRPGに限らず採点が甘め。
その採点甘めの理由が
Xboxだからグラフィックが綺麗だから!
Xboxだからハイデフで5.1chだから!
とか言い出されると、少し悲しい。
今回のeMの異常な得点に至っては
Xboxでは珍しいRPGだから!
ロンチ近辺でのRPGだから!
という、ゲームの評価として相応しくない外部基準で決めちゃってる。

私はロマサガ1が大好きです。
でもミンサガは買ってません。
アンサガがやりたくてしょーがないぜ!

mk2へのレビューはあまり書かないのですが、
というか、ムラクモ以降は初になるのか!?
採点を意識すると自サイトに書くのとは違った感覚で
これが意外と楽しい(笑)

レミングスはいいですね!
私もかなりやりましたし好きでした。
Xbox360に標準で入ってるHEXIC(パズル)は地味に良いです。
BFM : (02/26 12:13)
ようやく受験が終わったのでとりあえず積んでるゲームを崩そうと思ったのですが、久々にゲームをすると中々持続しないもので、大苦戦です(苦笑
早く終わらせて360を買いたい所です。

う~ん、あんまり言いたくないですけど、なんかセガ信者に近しい感じでね。
この手のコミュニティーは外から見ると非常に怖いんですが。
Xboxだから、PS2だから・・・というのは非常に惜しい気がします。どっちにも面白いのはある訳ですし。(PS2はク○ゲーの割合が高いですが)
自分があまりこだわらないから、言えるのかもしれませんが。

ミンサガではなくアンサガですか。友人も含め、多くの人はミン>アンみたいです。どう違うのか自分的にはさっぱりですが(サガ未経験)。

レミングスがPSPに出ると聞いた時、周りの友人は皆冷たかったです。『ナニソレ?』みたいな。世代が違うんですかねぇ・・・同い年なのに(笑)。
ルミネス(パズル)の為だけに買ったPSPが息を吹き返しそうです(笑)。
SeaWeeze : (02/27 03:02)
まあ、Xboxはハードパワーによるサウンド/グラフィックの底上げで
あからさまにショボいのを除けば(ネズミクスとかエブリパーティーとか)
PS2より評価高めになりがちなのは当然と言えば当然なのですが……
それにしても何だかなー。
と思えるシーンはいっぱいある。
どうもセガ信者臭くて居心地が悪い。

アンサガは発売から一週間で新品1000円の超絶投売りになっていた
最強のク○ゲーとの評判なのでやってみたいだけです(ぉ

あ、PSPに出るんですか、ふぇー、いいなあ。
PSPはEXITなんかも気になるんですけどねえ。
一昔前のゲームは片っ端からXbox360にインストール可能にしてくれれば!
マイクロソフトパワーでかき集めて(笑)
ドリームキャストエミュレーション計画は毎度ながら噂にのぼるんだけどねえ。
BFM : (02/27 17:13)
何気に現行機で一番スペック低いのはPS2な気がします。GCも画面は結構綺麗ですし。
ただスペックが高けりゃイイ、てものでもないですね。DSとPSPで、それはよく解りましたし。

セガ信者は凄いですものね。セガのBBSとか凄いですし。常に論争(ぇ

発売一週間で!それは凄いですね、確かに最強クラスかも(笑
シリーズものは厳しいですからね。幻想水滸伝4や天外魔境3も凄い事なりましたし。
本当に大変なのは信頼の回復ですけど。

EXITもいいですね、非常にシュール感があります。PSPは面白そうなゲームが埋もれやすいです。移植ばかり盛り上がりますし(悲
DCにしろ、『面白いのに・・・』というソフトは全て権利を獲得して下さいマイクロソフト(笑)。

しかし、本当に長くなってしまいました(苦笑)。これからはBBSに書き込んだ方がいいでしょうか?
SeaWeeze : (02/28 19:10)
いやいや、何気に、というか普通に発売日順に
Xbox>GC>PS2>DCだと思いますよん。
ただDCはアレはアレで結構綺麗ですね。
ポリゴン数の足りなさが非力を感じさせるけど
発色と、アンチエイリアスの効き方が見た目にとても有効。

確かに長くなりました!
本題と完全にズれているので、確かにBBSの方が良いかも。
[ このエントリへはコメント出来ません ]
TrackBack URL

eM クリア後の雑事

info/game/em - 2006.02/02

せめて一通り終えてから、と思い、やり残したことをやる。
カジノでのゴーレムバトルと隠しダンジョン神獣宮の踏破。
まずはカジノで、えーと、苦戦もせずに全体殺害終了。
得られたカジノ用コインを元手にルーレットで増殖、
スナイプショットとエンカウント回避を入手。
如何せんこのゲームは移動手段が徒歩しかないからね。
神獣宮へ行くために各地に散らばったボスを倒さなきゃならないんだけど
移動が面倒くさいからね、エンカウント回避がなけりゃあやってられない。

ボスは計4体。
1体目はとりあえず真面目に戦って見たけれど、別に楽勝。
なので残り3体はスナイプショットを使って戦った。
うわ、連携に絡ませたら本当に即死させれるのね。
何かこのゲーム終わったな、と思った。
で、隠しダンジョンの神獣宮に入る。
エンカウントはもう面倒くさいので回避はつけたまま。
ボス戦も苦戦する気配がないのでスナイプショットで一撃殺。
……超作業。
虚しくなってきた。
とりあえず真ん中ぐらいまで進んで、
ムラクモのクラウドブレイカーゴーレムを入手。
で、思った。
別に手に入れても嬉しくもなんともない。
ダメだこりゃ。
これ以上進んでも作業なだけで意味がない。
よって、ここで終了。
もう二度とプレイしないことを決めた。

エンディングまでバランス崩壊を恐れてカジノは使わなかったけれど
(即死技スナイプショットの入手と能力値無限増殖が可能になる)
それでも、十分にバランス崩れているのがこのゲーム。
戦闘において、何とか調和が取れてるのは中盤に入りだした1時間ぐらいだけ。
ちょうど凍ったヨコハマシティに入って終わるまでの辺りまでだけ。
それ以前はボス戦すらオートで終わらせられるし、
それ以降はこちらのスキルが充実しすぎて何も怖くない。
そして終盤の移動範囲拡大とエーテルアーマーは致命的。
移動範囲拡大は戦闘開始時のランダム配置すら無視する。
エーテルアーマーは凶悪な防御力で、絶対に死ぬことはなくなる。
こんなゲームを作業と言わずして何と言う?
移動範囲拡大もエーテルアーマーも使わなければいい、
と言われたところで、それって制限プレイじゃん。
一周目から制限プレイしなきゃあ楽しめないのか?
極度にバランスを崩すことが分かっているカジノは使わない。
それぐらいまでが一周目制限の限界。
それ以上を強いるのはゲームバランス調整ミスというだけの話。

Comment----------

suka : (02/03 09:49)
凶悪な力を持っている人間キャラしか使わずに、効率的に戦ってしまえば大筋はそうなるよ。

スナイプショットは、ゲーム苦手な人のための救済措置と思えばいいし、エーテルアーマーで強化して、ジリ押すという戦いは、そもそもオートでは出来ないはずだけど。
それから、ボス戦で、本当にフルオートで戦うと、8割方は負けるはず。
勝利への下地を作ってしまえばオートにしても勝てるけど。
フルオートでの勝利が可能なら、単純にキャラを強化しすぎだと思う。

カジノも神獣宮前の4ボスも、ラスボス以降にいっても、それは楽勝で当然。
もっと前に戦ってれば攻略が楽しめた。
ちなみに神獣宮自体は、エンカウント無効無しで進もうと思ったら、それこそ敵は凶悪で、攻略したいなら歯ごたえはあるはず。
宮のボスもスナイプショット無しで勝てたら、それは立派。

ただ、全体的にヌルイのは同意。
そもそも攻略するようなゲームじゃないと思うし。
SeaWeeze : (02/03 17:56)
ゴーレムが基本的に使い捨てな仕様(レベルが上がったら技がメガになったりが無い)
という時点で、一周目をゴーレムメインでプレイさせるようにはなっていない。
ゴーレムメインでプレイというのならば、それは制限プレイの範疇に入る。
それに、カリンなんかを使うよりゴーレムの方が強いし、
ユウキもスナイプショット使わないならゴーレムの方が良いので
特にスキルの充実する後半以前なら、むしろゴーレムメインの方が楽。

ちなみに私はハバネロ取り忘れたよ!
ついでに重力無効を取り忘れたので実にダルかった
(敵が攻撃有効範囲に来るまでひたすら待機)

スナイプショットとSP無限増殖は初心者用だとは分かってます。
だから一応メイン文脈のラスボス戦攻略までは使わなかったし。
あと、エーテルアーマ以降の戦闘はラスボス戦(と隠しダンジョン)
しかないので、オート云々の文脈とは関係ありません。
ああ、書き方が悪かったかな。
序盤はボス戦すらオートで終わらせられるし、
中盤は雑魚は相変わらずオート、ボスもこちらのスキルが充実しすぎて苦戦しない。
終盤(というかラスボス戦)の移動範囲拡大とエーテルアーマーは致命的。

神獣宮はぶっちゃけ、長いだけ。
VP回復アイテムを大量にもって
ひたすらに忍耐強く進むだけ。
苦戦する要素が見当たらないのが止めた理由。
Tacticsの要素を持つ戦闘システムなのに、
あまりTacticsが活かされてない、バランスが。
せいぜい雑魚敵をワンターンキルするのに頭をヒネる程度で
(それすらも移動範囲拡大は笑っちゃうぐらいにブチ壊してくれる)
ボス戦で考えて頑張って撃破する、といった「ゲームとしての」感動は、
このゲームからは得られない(と、私は感じました!)

ストーリー面は、個人差ということで、どうでもよいとしても、
ゲーム面において、ちーっとも面白くぁないのがアレですわあ。
クソだと思う最も主な理由。
RPGなんてシナリオを楽しむ“程度”のモノだろ、
というのなら、そうですねえ、としか言えませんけど。
まー、メタルウルフカオスもゲームとして全然面白くないのに
ストーリーだけで持て囃されて気色悪いコミュニティーが出来上がったように
eMもこの手のノリがお好きな沢山の方々に持ち上げられて素晴らしいかとは思います。
ますますXboxをわざわざ買うような人間はゲーム好き
みたいな皆の描く妄念があんまりにも幻想かと思う次第でございます。

ちなみにeMでのベスト戦闘は凍えたヨコハマのはぐれゴーレム「NBデストロイヤー」
この頃はSP強化も全然してなく素早さもばっちし低いので
不意打ちされて、バースト全体射撃で瀕死状態からスタート。
2ターン目も当然バーストされまくって死ぬ死ぬ。
この辺りが一番イイ思い出かな。
序盤のフルオートが無理になってきて、戦闘が楽しいかも、と思った一瞬間。
すぐにそんな思いは消え去ったけど。
suka : (02/07 04:01)
確かに印象残ってます。

オート戦闘は、無かったら途中で投げてたので、個人的には評価しているんですけどね。
絶対に全滅しないシステムや、一試合ごとに回復するシステムは、緊張感を削いでたかも。
VPを少なめにして、ポイントからポイントまで、ゴーレムフル活動させないと到達できないぐらいにしても良かったかな。
そしたら詰まった時点で、行動不可能になっちゃうから、駄目だ。

ゲームとしてどうこうより、いわゆる日本のコマンド選択RPGは、ここらが限界なのかなーとは思いました。
SeaWeeze : (02/08 19:11)
オート自体は、私もこの状況ならあるべきだと思います。
重要なのはオートがあることではなくて、
オートで終わらせられる程度の戦闘でしかないこと。
雑魚戦を如何に作業にさせないか、というのが
RPGの至上命題であり、模索してきたことだと思います。
最も安易な解決策が戦闘にアクション要素を持ち込むこと。

私としては、雑魚戦は無くしちゃってもいいと思うんですけどねえ。
さすがにボス戦までなくしちゃうと、ADVになってしまい、
キャラの育成といった面でのプレイヤーの充実感や、
キャラクターとの一体感(ロールプレイ)を削いでしまうので
ボス戦だけは残して、SPはイベントをこなすことで手に入るようにする。
レベル制の経験値は配して、SPの分配だけでキャラクターを成長させる。
こうすると、キャラクターがその場所で手に入る最大SPが幾らまでだか
分かるので、ボスの能力値を(調整する気があるなら)ギリギリまで詰められる。

私ぁ一応、寄り道ゼロでストーリーを進めたので、
製作側の想定レベルよりも恐らく低いかと思う。
強化しすぎないように注意して進めたはずなんだけどなあ。
最後の最後でエーテルアーマとかよこすんだもの!
まー、それはそれでラスボス戦がアレになるというだけで
それまでの評価が変わるわけでもないので大差はないけれど。

HP回復やリトライ制度はアリだと思いますよ。
どうせHPが減ろうと戦闘終了後にメニュー欄開いて
体力全開させるのが中盤以降の流れになるので
試合終了後HP全開なんてのぁあって当然ですよ、ほんと。
つーかアレです、何処でもセーブとか、
ロマサガを彷彿させるところがある。
VPとEPが微妙に対比できちゃったりするしね。

VPは意味不明。
強力なゴーレムの制限、のつもりだろうけど
ぶっちゃけ機能してないし邪魔臭いだけ。
ゴーレム育成の邪魔にもなるしね。
何も考えてないアイディア先行なだけの数値を
そのまんま調整せずに実装するな、と思う。

ロマサガはエンカウント毎に敵レベルが上がって、
プレイヤーのレベル上昇曲線よりも敵レベル上昇曲線の方が
急なので終盤になればなるほど、雑魚戦が厳しくなっていく。
しかしこちら側のスキルも豊富なので、色々と戦略が練れる。
そしてラスボスはプレイヤーの上昇曲線の遥か上の、
桁外れの強さを持って、ラスボスの風格たっぷりで待ち受ける。

まー、シンボルエンカウントだから、雑魚戦が辛かろうと
こちら側である程度回避可能が成り立つわけですけどね。
通常のエンカウント方式なら、やっぱりエンカウント率は減らすべき。
というかeMのエンカウント率はちょっと高めかなあ。
どうせオートで作業になるのなら
エンカウント率を減らして所得経験値を上げるべき。
そういう肝心要な部分での細かい配慮を怠ってるのは宜しくない。

この戦闘システム自体は悪くないんですけどね。
戦闘不能の次回持ち越しペナルティーが無いのがイイ。
しかし1戦闘においては戦闘不能が厳しいところもイイ。
このゲーム、一人が死ぬと途端にジリ貧になる。
復活させただけじゃHPが少なくてすぐに殺されて無意味
だから一人を復活させるためには、回復役も必要。
ただアイテムは自分にのみ効用があるものばかりで、
中々使いがたく、死んだ味方を復活させるのは実に厳しい。
2,3人を復活/回復役にあてがえば、それだけ攻撃係が減って
敵の総攻撃で殺されループが始まる。
敵に回復係が居る場合はきちんと回復してくるのも好ポイント。

の、はずなのに危機を感じる瞬間が少ないのは……。
ぜーんぜん数値調整してない証拠の一つですねえ。
ロンチに合わせるために無理だったとか、言い訳はイラナイ。
どーせ開発期限が無限にあろうとも、調整する気なさそうだし。
全ては、レギュラーRPGなんてこんなもんだろ、
といった意識に支配されてるんだもの。
街でのオツカイイベントは心底アリエナイシ。
suka : (02/10 08:35)
vpのシステム自体は、あっていいとは思うけど。

エンカウントが多いのは同意。
エンカウント3分の1で、ボスを3倍のほうが、うれしいね。
はぐれゴーレムを中ボスとするなら、2回死ねるぐらいの強さでもよかった。
んで、ボスは、5回死ねるぐらいの強さね。

まあ、そんな上手いバランスは、なかなか取れないでしょうけど。
それこそ、ロマサガじゃないけど、敵戦闘力を可変にしないと無理。
SeaWeeze : (02/11 05:15)
そうですか?
VPがあってもイイと思う理由、ありますかね。
ていうか私には全然見つけられません。
ぶっちゃけVPのせいでゴーレムの利用回数がダンダン減っていく
(どうしてもVPに余裕のある人間を使いがちになっていく)
ぐらいの効果ですかね。
デメリットぢゃん。

可変、つーか固定でも、急ぎ足でクリアのLvでも
軽々と倒せちゃうような難易度なので微妙ですねー。
どれだけ想定レベルを低く見積もってるんだよ、みたいな。
可変だとか絶妙な調整だとか以前の問題。
どこでもツマヅクことなくクリアできることが
テンポが良いこと、だとか言われると悩みます。
へ、それってゲームじゃないんじゃね?
みたいな。

オートで終わる時間って、
つまり何も操作しないに等しい時間って、
NowLoadingと何も変わらない。
結局エンカウント毎に1分は止まるからねえ。
数歩歩く度に1分のローディング、と考えるとゲンナリ。
[ このエントリへはコメント出来ません ]
TrackBack URL

eM 終了小話

info/game/em - 2006.01/25

eM終了。
二、三日詰め込んで一気にクリア。
総プレイ時間26:18:25。
最終セーブ地点でのレベルは45(人間のみ使用)
飯休憩放置とかもあるから、25時間といったところか。
というわけで、50時間かかるとか言ってる馬鹿は
一体どこをどう寄り道してんだよ、って感じではある。
隠しダンジョンはまだなので、それが5時間かかるとして
総プレイ時間30時間。
あまり大作という規模ではない。
それはプレイ時間だけではなく、
街やダンジョンの数も非常に少ないので
むしろ25時間もかかっていたことに驚いた。
つまりエンカウント率の高さで水増ししてある。

ラスボスが弱い。
アイテムを大量に買い込んだのに使わなかった。
バランス崩壊を危惧してカジノ使わなかったのに、それでもヌルゲー。
そう、ラスボスに限らず全体的にヌルい。
EX攻撃がやたら強力なのでボス戦は簡単。
雑魚戦は、オート。
ジャンクシティ(達成率50%ぐらい?)辺りから心底ダルくて
デュアルディスプレイの利点を100%発揮し、
Web閲覧しながらダラダラとプレイしていた。
戦闘はフルオートで、しかも片手で入力できるから(R→A→Y)
ほーんと楽ちん楽ちん、って何か間違ってるね。
そうそう、全くもって作業!
作業といえば街で行うことがオツカイなのも頂けない。
街の人間全員と会話させる素敵仕様は古臭いデザイン。
さ、さすがはレギュラーRPG。
最初から最後まで皮肉ってくれた。
苦行でしかない。

街→作業(街の人間と会話してフラグを立てるというパターンのみ)
ダンジョン→作業(何々を取ってくると道が開けるというパターンのみ)
雑魚戦闘→作業(フルオート)
ボス戦闘→手作業(但しEX攻撃で楽勝)
ラスボス→淡々(音楽が淡々としてるから最終形態まだかと通常攻撃してたら終わってた)

eM 悪意インスパイア

info/game/em - 2006.01/24

eMを序盤から評価する人はどうなのだろう。
コントが面白い(どこが?)という人は、
私とは価値観が違いすぎるのでしょうがないとしても、
戦闘を評価するなんて、序盤はフルオートじゃん!
これで面白いとか何で言えちゃうの?
もう全然分かんない。
箱壊しが爽快感という意見も正気かしらん。
あれはドラクエ箪笥漁りのリスペクトでしょ?
作業じゃん、超作業じゃん、あれは開発者の皮肉だよ?
レギュラーRPGなんて、作業だろ、くけけけけ、
という裏に込められた意思が面白いといえば面白いけれど
表の箪笥漁り自体を面白いとか爽快感だとかは死んでも言えない。

序盤は既存RPGへの皮肉全開なのである。
存在そのものがFF8をせせら笑いつつも、
上に挙げた箪笥漁りインスパイアから始まり、
過剰なチュートリアルは(梯子程度で一々解説しなくていい)
レギュラーRPGを好むような人種は低脳だから
一々解説してやらなきゃ分からないんだろ?
という強烈な悪意を感じずにはいられない。

そういう解釈をしちゃえる私が一番アレな人種なのは間違いない。

//

と、まあ、ここまでが序盤の感想。
こそこそと進めたらそれなりに面白くなってきた。
スキルが出揃い戦闘に選択の余地が出たお陰、か。
オートでも構わないが、なるべく早く殺そうと形だけは頑張れる。
別に脳みそ使うまでもないけれど、
一応脳みそを動かしていられるという
適度で適当な刺激を与え続けてくれるから
単調な雑魚戦において意外と退屈しない。
1ターンか2ターンで終了するスピーディーな展開と
考える必要はないが考える余地がある戦闘システムは
かなりイイ線突いてる。

でもまあ、だから何だっていうと、それだけなんだけどね。
eMを語る上で“フロム初”“Xbox360初”“ロンチも同然”
という枕詞が入るけれど、そんなのを考える必要性ってあるの?
消費者にとって提供された作品のクオリティだけが全て。
“フロム初”だから少し劣っててもしょーがない
“Xbox360初”だから少し劣っててもしょーがない
“ロンチも同然”だから少し劣っててもしょーがない
わけはない。
上記3つを当てはめて評価を甘くして神ゲーだとか言い出されると
あーもーなーもわたしぁーしったこっちゃねーよ、しね。

eM ファーストインプレッション

info/game/em - 2006.01/15

eMは凄いや!
戦闘はオートで確定して早送りで終了。
もうそれならいっそ戦闘なくてもいいじゃん?
とさえも思えてくる素敵な親切設計。
実際ウザい。
エンカウントから戦闘始まるまで長くて
オート選んで早送りも決して一瞬ではなくて、
2ターン3ターン目に突入するとウンザリくる。
さすがはレギュラーRPG。
懐かしいね、エンカウント。

アイテムもチマチマ木箱を壊して手に入れる。
超ダリー、あー、何か思い出すこの感覚は、
眠る繭
開発者(フォトグラファーの所幸則)がWIZ好きで
テイストを再現するため宝箱のアイテムがランダムだから
レアアイテムが出るまで宝箱の前でロードを繰り返してね!
という、いや、意味無くない?
どうせ1時間近くやれば手に入るんだから
何もわざわざそんなタルイことやらさないでも……
みたいな、
木箱プチプチやオート戦闘には
そういうダルさをeMにも感じる。

というわけでこれの評判の良さが分かりません。
お前らXbox360なら、幾ら飢えているからって
よほどクソゲーじゃなければ何でも絶賛するんじゃないか?
というぐらいのイヤーな勢いを感じちゃう。
まあ、オート戦闘は中盤以降は難易度上昇らしいから
多少は改善されるかもしれないけれど、
しかしこのシステムで難易度が上がった場合の対処法は、
レベル上げ。
雑魚戦を繰り返してレベルを上げて挑むのが全て。
あっそ、というぐらいに将来真っ暗でやる気が……
ストーリーもDQN節全開で正直辛い。
ライトノベルノリでありギャルゲーノリであり、
好きじゃない系のノリである。
つーかもうオート戦闘だしギャルゲーでいいぢゃん。
とさえ思えてこなくもなく居心地の悪さ。

映像面も、とにかく作り方が下手な上に見せ方も下手。
レゴブロック的な構成がありありと見える。
それでいて質感も宜しくない。
ハードが可能にしているからとりあえず何も考えず使いました、
といった具合の壁面の無意味にギラギラな質感はもう最悪。
そして見せ方も超ロングの俯瞰だからレゴブロックが強調されるだけ。
戦闘シーンに至っては超超ロングショットなので、
PS1と言われても納得出来るぐらいのショボい映像(クーデルカそっくり!)
イベントシーンなどでアップに映した時に初めて
アップに耐えられるだけのモデルやテクスチャであることが分かる。