>基礎知識

・画面知識篇

左側の扇が体力、右側の扇が巫力を、
黄色の玉が生命力を表している。
ダメージを受けるとまず体力が減り、
体力が全て尽きると生命力が一つ消え体力が戻る。
体力は時間と共に回復していくが生命力は回復しない。
生命力が全て尽きたときがゲームオーバー。
巫力は時間経過で減少していき、ゼロになると
徐徐に大量が減っていく。
ブーストも出来なくなりクリアは困難。
一種の制限時間と思っていい。
巫術の使用には巫力を消費するので
その辺を良く考えて使っていかなければならない。

右スティックでカメラ回転。
右へ回せば視点は左へ、左へ回せば右へ。
何か変なのは顔を左右へ振っているのではなく、
キャラクターを移しているカメラを
左右へ動かしていると思えばいい。
左スティック押し込みで正面へ向く。
つまり下+左押し込みで即座に振り返れる。
そんなに素早い操作を要求されるゲームではないので、
使用頻度は少ないでしょうがより高度に動けるようになる。

・操作説明篇

プレイヤーの属性は四天王はそれぞれの属性、
晴明と頼光は装備した霊符の属性となる。
敵の属性と反対の場合は攻撃力が増し、
同一の場合は防御力が増す。
蒼龍と白虎、朱雀と玄武がそれぞれ反属性となっている。

装備可能な霊符は
卜部が参之式まで、
頼光、綱、貞光が弐之式まで、
公時が壱之式のみ、
晴明が弐之式までと特殊霊符。
なお2周目では霊符装備制限は解除される。

基本的にBが小攻撃、Aが大攻撃、Xが巫術。
小小小巫で大巫術を放つ。
X溜めで放つ大巫術は更に3段階の威力に分かれる。
Lロックオン(オートロックはOFFにしておいた方が操作しやすい)
Rブースト
L+小攻撃で斬り上げ
R+大攻撃で特殊大攻撃

源頼光
操作はほとんど基本通り。
コンボは4つまでつながり地上、空中とも同じ。
小小小大と小小小巫が使いやすい。
空中での大攻撃は斬り下ろしとなる。
ジャンプは二段までなので
R+小攻撃による斬り上げを連続で出してカバー。
R+大攻撃は敵を吹き飛ばす斬り上げ。

坂田公時
他キャラクターでの小攻撃ボタンが大攻撃
大攻撃ボタンが掴みとなっている。
掴んでいる間は巫力が回復する。
そのまま掴みボタンで直線的に、
大攻撃ボタンで弧を描くように投げる。
コンボは三段まで繋がる。
小小巫で大巫術発動。
斬り下ろしは空中コンボで最後に掴みボタンを入れる事で発動。
ジャンプ力が低いのでL+小攻撃による斬り上げを多様していく。

渡辺綱
頼光と同じく基本通り。
コンボも4つまで繋がりほとんど地上、空中とも同じ。
例外として空中での小小大のみ斬り下ろし。
空中での大攻撃が頼光と異なりそのまま空中での大攻撃。
地上、空中共に小小大、小小小大で衝撃波を放つ範囲攻撃。
この二つのコンボをメインに使っていくと良いだろう。
R+小攻撃で斬り上げ、R+大攻撃で前方ダッシュ突き。

碓氷貞光
コンボが九段まで入り、また、
ジャンプ後に何か行動を起こすと再びジャンプ出来る。
小小大、小小小小小小大で鎌投げ
小小小大、小小小小小小小大でカラス攻撃(凍結効果有り)
小小小小巫、小小小小小小小小巫で大巫術。
近距離でロックオンした状態でブーストすると敵の背後へ回れる。
空中での大攻撃は斬り下ろし。
R+小攻撃で斬り上げだが無限ジャンプが可能なので利用率は低い。
R+大攻撃の前方回転斬りも隙が多く使いづらい。

卜部季武
ほとんど基本通り、ただしジャンプが無限。
R+小攻撃は上へ武器を飛ばし、R+大攻撃で前へ武器を飛ばす。

安部晴明
小攻撃ボタンはそのまま小攻撃、
大攻撃ボタンは掴みとなっている。
三段目のコンボが特殊で小小小のコンボが無く、
小小大のコンボは投げとなっているため接近戦が非常にやりにくい。
近距離でのメインは小大コンボか空中での小大による斬り下ろし。
小小巫巫で大巫術を二連続で放つ事が出来る
晴明にしか扱えない特殊霊巫と合わせると非常に強力。
また、R+小攻撃による斬り上げの判定が大攻撃同様にオブジェ破壊可。
それと貞光と同じくジャンプ後に何か行動を起こすと再びジャンプ出来る。

・特殊知識篇

最終フェイズでの行動によりエンディングは三つへ分岐する。
―エンディング其の壱:桜花
 「天の麓」を頼光でクリアしたあと「月の御座」を頼光でクリアする。
―エンディング其の弐:御剣
 「天の麓」をクリアせずに「月の御座」を頼光でクリアする。
―エンディング其の参:木枯
 四天王で「天の麓」または「月の御座」をクリアする。
個人的な意見であるが桜花が真エンディング、
木枯がバッドエンディングであるように思える。
「天の麓」を頼光でクリアしたあとの「月の御座」のボスは
「天の麓」を頼光でクリアする前の状態よりも強くなっている。

クリア時にデータをセーブすると2周目をプレイ可能。
1周目のデータを引き継ぐ他、霊符の装備制限が解除される。
恐らく敵の強さは変わっていない。

海外版御伽は日本版御伽とセーブデータ共用可能。
海外版御伽の音声はOptionで日本語、英語に自由に変えられる。
日本版御伽、海外版御伽ともに百鬼討伐絵巻への「データコンバート」は不可能。
日本版御伽、海外版御伽ともにセーブデータが存在すれば
(コンプリートしているかどうかは関係ない)
百鬼討伐絵巻のShop"魂振之儀"に「月の雫」というアイテムが追加される。

行動によるリアルタイムの成長について
プラスになる場合
 200コンボにつき敏捷力+2、筋力+1
 妖鬼120匹討伐につき筋力+2、体力+1
 オブジェクト破壊数が80個につき体力+2、知力+1
 巫術15回発射で知力+2、耐性力+1
 生命力の玉が割れた回数7個につき耐性力+2、敏捷力+1
 敵を吹き飛ばした回数130回で筋力+2
 溜め巫術を発射した回数90回で知力+2
 吹き飛ばされた回数90回で体力+2
 ロックオン+ブースト回数が150回で敏捷力+2
 状態変化になった回数5回で耐性力+2
マイナスになる場合
 直接攻撃で一度もダメージを与えず巫術連続10回発射で筋力−2
 他の攻撃を挟まずに斬り下ろしでダメージを7回連続で与えると知力−2
 ロックオン中にR+小やR+大を連続5回で体力−2

霊格が上がる事で全てのパラメーターが上昇。
霊格の上限値は31まで。
一定レベルで生命力の玉も一つ上がる。
生命力の玉はレベルを最大限に上げ、Shopで全て買い、
Stageで修羅命を集めても一人だけ一つ足りなくなる。
なお生命力の玉が最大限の状態でレベルで生命力上昇した場合は
Shopへ玉が追加されるので決して無駄にはならない。
よって初期は積極的に買っていくと良いだろう。
パラメーター上げ、レベル上げはStage5:魂縛の石牢が最適。
敵が大量に沸いてくる場所で胡蝶lv1をひたすら放つだけで
全てのパラメーターが上昇していきます。
獲得経験値も高くバランス崩壊の危険性大なのでご利用は計画的に。
楽しむためなら余程の事がない限りはやらないほうがいい。

2周目などではレベルと生命力を1にする呪具「般若蟲」を装備して
極限状況での戦いを遊んでいくのがお薦め。
パラメーター自体はクリア出来るだけあれば
ひたすら上にこだわる必要はないでしょう。
それでもMAXにしたいという人は呪具「紫怨の灯火」を装備し
百鬼討伐「名月」を繰り返せばすぐに終わる。
金はStage23:御霊の通い路を呪具「紫怨の灯火」装備。

・製品情報篇

2003年12月25日フロムソフトウェアより発売されたXbox用アクション。
翌年一月末までの限定生産特典として海外版御伽が同梱される。
予約特典として3曲入りサウンドトラック兼イラスト集。
サウンドトラックの曲数は三曲
・今作のメインソング
・前作のメインテーマ
・今作のメインソング(インスト)
攻略本としてオフィシャルガイドブックが1500円。
内容は幾らかの誤りを含む胡散臭さ。
設定イラストが載っているわけでもなく、
開発者インタビューもたったの2ページで
総ページ数はたったの97ページという
攻略本のクオリティとしては限りなく低い。
開発者インタビューの要約を以下に記す。

晴明を女性としているのは他の作品では
非常に少ないのであえて女性としてみました。
エンディングを見ればその性別である意味が
わかるのじゃないでしょうか。
貞光は当初から女の子と考えていました。
キャラクターデザインの担当者が女の子を描くのが苦手なのか
わりと中性的なイメージとなってしまいましたが女の子です。

主題歌歌詞
Voice
唄:DoRe
作曲:一木祐樹(N.O.Y.B.by the courtesy of FromSoftware,Inc.)
スタジオ:STUDIO SOMEWHERE
レコーディングエンジニア:武藤昌俊

白露 光頼みて 幹の内 捧げば 神の御剣 華の内
茜路 草木を深み 徒徒 望月 荒都照らし 何処へ
散る 水の音に 身の蛇崩 諾して 散る 鐘の音に 一夜 起つ

うつろい いつぞ薄れぬ ことわり 歩けば 山に里に 密やかに
形は 鬼と言うらむ 華の影 この身は 如何に生くべき 死すべき

宵闇 青き星と月の光 抱きしめ
暁 霊極まりて いずこ 去りゆく

舞散る 水の音に 身の蛇崩 諾して 散る 鐘の音に 一夜 起てり
嗚呼 君 想い燃ゆる 芽の輪くぐれ 焦がれて

君 行けば其処に 伏して 待てり


声優情報
安部晴明 - 今井由香
源頼光 - 花田光
坂田金時 - 楠大典
渡辺綱 - 中田譲治
碓井貞光 - 白木杏奈
卜部季武 - 鈴木泰明

雑誌レビュー
ドリマガ 8997 - 33
ファミ通 7887 - 30
ファミ箱 10977 - 33

ファミ通詳細

田原誠司 7
魑魅魍魎が跋扈した、あやかしの世界としての平安時代を上手く表現している。
プレイヤーキャラがきびきび動く操作性もいい。
敵である妖鬼の造形も高レベル。
惜しいのは、操作できる6人のキャラが設定上では個性に富んでいるのに、
操作上では大同小異になってしまっている点。

カエル大宮 8
和の美、妖しさの創造が凄い。その世界を壊さず、
流麗かつ豪快な戦闘で数百のキャラ&パーツが弾けるダイナミズムは快感。
反面、力押しでは進めない悩ませどころがあり、
各キャラの美学をそのまま角度の違う攻略の手段にさせる作りが深い。
十分に遊ばせる本作の底力がうかがえた。

戦闘員まるこ 8
空中でつぎつぎとコンボを重ね、敵を斬っていくのは爽快。
各ステージのクリアー条件が厳しいため、トライ&エラーの繰り返しに。
シビアなアクション好き向け。
キャラの成長、隠し要素などやり込む事が多いのは◎。
視点の関係で周囲にいる敵の状況がわかりにくいのが欠点。

代打芥川 7
大量の敵を連打でやっつけていく感覚は「真・三國無双」シリーズに近い。
ザコ敵にもそれなりに存在感が与えられているので、
ザコ戦においても作業感は薄い。
ステージの形状やそこに出現する敵の種類に合わせ、
特徴が大きく異なるプレイヤーキャラを戦略的に使い分けられる点は○。

ファミ箱詳細

相沢浩仁 10
前作にも増して、とにかく雰囲気がいい。
なんだかよくわからない部分も含めて、
幻想的で独特の音と映像のセンスは最高。
ゲームとしても爽快で序盤からとにかくド派手。
最初のうちはとにかく壊しまくる楽しさ、
途中から戦略を考えはじめる奥の深さ。
技術的にも必見の価値がある。

田川ラメ夫 9
前作の続編というよりはまったくの新作と思えるボリュームアップぶりに圧倒。
グラフィックの美しさには今回もウットリです。
この設定やゲームに晴明はハマるな〜と痛感しきり。
難易度は高めながら、作りの丁寧さと
キャラのバリエーションで執拗に遊ばせる魔力あり。

ローリング内沢 7
ボタンを押したときのリアクションが気持ちいい。
移動やジャンプはもちろん、モノを壊したり、敵を攻撃したときの爽快感。
さらに独特の世界観とド派手なエフェクトで見た目的にも楽しめる。
しかし戦闘自体はやや単調。
ボタンを連打しているだけな印象。もう少し戦略要素が欲しい。

戸塚伎一 7
スタイリッシュな和風世界は前作のままに、
序盤ステージから巨大な敵キャラが惜しげもなく出現するなどの
見栄の切り具合は大幅にパワーアップ。
カメラ視点の切り替え操作(キャラ固定⇔解除)も良好で、
より攻略性の高いプレイが可能です。
各人のこだわりに応える懐の深い仕様はさすが。