>感想雑感

かなりの出来。
多彩な技、と美麗な映像。
まずまず喧伝される通りの内容だった。
ただ一点、カメラを除いては。
と言いたいところですが私はカメラに対して
そんなに悪印象を持ったわけではないので良しとしておこう。
操作感も立派。
エッセンスを用いる必殺技は
タイミングを考える必要があって程よくスパイスになってる。
他にも動画通りな音楽やデザインのヘボさなどなど
前情報と寸分違わぬ内容を提供してくれたため
大きな落胆もなく大きな感動もなくという
心情としては中々に危うい境界線上にある。
つまりは、良く出来た作品。
ただし素晴らしく優れた作品ではない。
丁寧に3Dアクションを突き詰めた結晶であるため
インパクトには欠ける。
御伽のような圧倒的破壊感に相当するような感動はない。
だからといって劣った作品というわけではなく
安心して楽しめるであろうゲーム。
誰でもが満足できそうな最大公約数的作品。

出血や首もげもげについて。
斬ってる感触を持たせるためのエフェクトとして
百鬼討伐絵巻は過剰に飛び散る粒子、
リアル感を持たせたいらしい忍者外伝では血。
首もげは一撃必殺斬りを納得させるための手法として。
そのお陰か一撃必殺斬りは決まると非常に爽快。
と、まあここまではよし。
血が残らずすぐ消えることについて。
私はこれはこの仕様でいいなあ。
もし残ったら、この敵や出血の量ですから、
あっという間に辺り一面血だらけのスプラッタ。
私ぁアクションとしての感触を求めるために
出血であったり首斬りは賛同なのですが
そこから先の過剰に走った演出はいりません。
忍者外伝は良い感じのバランスである。

ただ一点怪しい箇所がある。
Xbox Liveを介したスコアアタック大会の算出方法が怪しい。
第一にタイム最重要視なため雑魚を無視していくという
はなはだ格好悪いスタイルを要求される。
第二に、無尽蔵に雑魚が出てくる箇所があると
敵殺害数も勘定されるためスコアが無限大となってしまう。
第一ならまだしも第二は冗談でなくヤバい状況。
はっきしいってそんなスコアアタックなど最初から完全崩壊。

果たして無尽蔵敵によるカンスト大会となるか
雑魚無視タイムアタックとなるのかどうか。
どちらもお寒い状況である。
何となく考える理想:
敵は有限で敵によるスコアを大きめに見積もる。
これで敵は完全に倒していくべきとなる。
次にコンボ数は敵殺害をどれだけ繋げられたかで計算。
そうしないと弱い武器でタコ殴りが有利となってしまいますので。
勿論コンボ数自体も若干なりと加える。
で、更にタイムもそれなりに重視。
これなら華麗に素早く大量に倒した者が勝つ。
といったような理想系になるかどうかは
全く脳内シミュレートによる検証を行っていないから分かりません。